お手軽編成紹介 ~シーズン25~

お手軽編成紹介 ~シーズン25~

シーズン毎に、初心者が目指しやすい編成を紹介!

このページでは、「パズバトを始めたけど、どんな編成を組んだら良いかわからない」という方のための編成を紹介していきます!
モンスターの合計レアリティが★40以下の組みやすい編成を紹介していくので、参考にしてくださいね!

覚醒スタイルについて、このページでは基本のスタイルAのみで紹介します。
スキルが強力な代わりに覚醒スキルが無駄になっている編成もあるので、慣れてきたらスタイルAとBを使い分けると良いでしょう。

編成の考え方

まず、選択したリーダーのリーダースキルを発揮できるモンスターかどうかを考えて、編成するモンスターを大まかに絞りましょう。
その上で、多色で攻撃して判定勝ちを狙うのか、耐久スキルや妨害スキルでゲージ差を付けて勝つのか。自分の戦い方と勝ち方をイメージして使うモンスターを絞っていくのが重要です。

ちなみに "〇属性の□□が~" という条件のリーダースキルは、主属性と副属性どちらかが一致しているだけで対象になります。
戦い方や編成の基本から知りたい人は、パズバト入門ページの「パズドラバトル 戦術編」を先にチェックしましょう!

パズバト入門

メタルドラゴン

編成の詳細を見る
モンスター①:城下の大魔女・マドゥ
モンスター②:仮装祭の魔女・チャコル
モンスター③:極醒の冥陽神・アテン
モンスター④:反乱の天魔・織田信長
モンスター⑤:ケルベロスライダー・ジゼ
・基本の勝ち筋
相手のスキル効果を上書きし、ダメージ軽減で耐久
・戦い方のコツ
シーズン24では相手の盤面に闇ドロップを生成するメタドラを紹介したが、今回は耐久型。
強力なダメージ軽減スキル「ワイルドハロウィン」を利用して、1ターンダメージを受けきるのが狙いとなる。

「天下布武の魔弾」は相手の攻撃力上昇スキル、「ヘルファング」は相手からの防御力減少スキルを上書きすることができるので、相手からのダメージを減らすことにつながるぞ。「ワイルドハロウィン」と同じターンに使用しよう。

「天下布武の魔弾」はバインド効果があるので1番最初に使うことが良い場合もあるし、相手が防御力減少のスキルを使っていなければ、「ヘルファング」を使う必要がない状況もある。
戦いながら適切なタイミングや順番を学んでいこう。

ヴァルキリー -CIEL-

編成の詳細を見る
モンスター①:日照の昼女神・メリディス
モンスター②:空無なるもの・ヨグ=ソトース
モンスター③:神去の毒蛇・ヨルムンガンド=ユル
モンスター④:神癒の天啓者・セシリア
モンスター⑤:橙の華龍・ヘリアンタス
・基本の勝ち筋
相手の盤面を回復ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
リーダースキルの扱いが難しいが、超強力なスキルばかりを所持しているヴァルキリー -CIEL-。
今回紹介するのは、相手盤面に回復ドロップを与える編成。

「護神の碑文」「ディバインライトロッド」「シャインシードブレス」を同じターンに使い、こちらの攻撃準備を整えつつ相手の盤面を封じ込めてしまおう。
最大攻撃力が高い代わりにコンボ数を出しづらいリーダーだが、覚醒スタイルをBにして、光列消し強化や4個消し強化といった覚醒を用いると攻撃ダメージも安定して出しやすくなるぞ。
回復ドロップと光ドロップをいくつ消すか、作戦として考えて編成を行ってみよう。

アテン

編成の詳細を見る
モンスター①:恩讐の退魔師・セイナ
モンスター②:極醒の蒼陽神・アテン
モンスター③:極醒の天陽神・アテン
モンスター④:覚醒エーギル
モンスター⑤:冥刀の医女神・エイル
・基本の勝ち筋
多色攻撃で判定勝利 or ダメージ軽減でゲージ差をつけて勝利
・戦い方のコツ
今シーズンから強化されたリーダー・アテン。
最大倍率が16.5倍となり、多色判定勝利もダメージ軽減スキルによる耐久勝利も今まで以上に狙っていけるぞ。

「鬼心解放の結印」を使うタイミングが重要。「サンセットカーテン」で相手からの防御力減少スキルを上書きしたり、「サンセットレイニー」のあとから発動させて、ドロップロックによりお邪魔ドロップの数を少なめに生成したりと立ち回りも大事になってくる。
「極醒の天陽神・アテン」は操作時間延長の覚醒スキルを多く所持しているが、バインド状態になると効果が無くなってしまう。注意しよう。

ガチャドラ

編成の詳細を見る
モンスター①:岩拳の大魔女・ゼラ
モンスター②:樹天緋龍・ホウライ
モンスター③:グリフォンライダー・ギリアム
モンスター④:ウィンドキーパー
モンスター⑤:翠の華龍・カサブランカ
・基本の勝ち筋
相手の盤面を木ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
「ドロッププレゼント」「ロックブレス」「ウィンドシードブレス」を使い、相手の盤面を木ドロップで埋め尽くそう。
生成位置の決まっている「ドロッププレゼント」を最初に使うことで、より多く生成することを期待できる。

上記の仕掛けを行う場合、他のターンで木ドロップが少なくなる状況が生まれないよう、各ターン1つずつスキルを使うのが基本だ。例えば

1ターン目に「ハウリングストーム」もしくは「ロイヤルゲイル」を使い、相手の2ターン防御力減少とドロップ生成。
2ターン目に「エアロミスト」でドロップ生成と木ドロップが落ちやすくなる効果。
3ターン目に、1ターン目で使わなかった相手防御力減少+生成のスキル。
4ターン目に相手盤面への生成でゲージを耐久し勝利。

というようにできれば、効果の継続も考えられていてキレイだろう。
ただし相手もそれを読んだ上でスキルを使ってくるので、早めにまとめて使ったり温存したり、相手の行動を読みながら戦ってみよう。

ミル

編成の詳細を見る
モンスター①:日照の昼女神・メリディス
モンスター②:隠れ神ゲーマー・アマテラスオオカミ
モンスター③:生徒会長・ルシファー
モンスター④:夜煌龍の侍・トウヤ
モンスター⑤:橙の華龍・ヘリアンタス
・基本の勝ち筋
相手盤面へのドロップ生成&ダメージ軽減と相手効果の上書きによる耐久
・戦い方のコツ
パズドラ学園の強力なモンスターを用いた相手への回復ドロップ生成と、ミルの強力なスキルを利用したダメージ軽減耐久、2パターンの止め方を持つ編成。

「この私についてこないか」「不屈の光明」「シャインシードブレス」を連続で使い、相手の盤面を回復ドロップだらけにするシンプルな手段がまず一つ。
そして「レトログラード」「十六夜の白焔」による、相手の使用したスキルを上書きしてのダメージ軽減耐久。
上手くいけば、2本のゲージ差を付けることもできるだろう。

ただしこの編成は光ドロップの生成やロックスキルなどが薄く、相手の妨害に弱かったり攻撃力が出なかったりという弱点も。
スキルの読み合いはもちろん、盤面のドロップをしっかり消して、光と回復ドロップの供給に注意しよう。

ボルケーノドラゴン

編成の詳細を見る
モンスター①:炎鎖の大魔女・マドゥ
モンスター②:放課後のストライカー・キオ
モンスター③:魔導書の幻魔・イルミナ
モンスター④:緋天蒼龍・エルドラド
モンスター⑤:マグティー
・基本の勝ち筋
相手の盤面を火ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
「マグマタワー」「フレイムブレス」を同時に使って、相手の盤面を火ドロップで埋め尽くそう。
火ドロップを生成するスキルも潤沢なので、安定した編成。ただしドロップのロックスキルは所持していないので、相手からのドロップ生成を防ぐには、タイミングを読んでスキル発動を合わせる必要がある。

スキルを使わなくて済むターンには温存し、同じターンにまとめて発動させて、相手より後にスキルを発動させることも憶えよう。相手がドロップ生成した後にこちらが相手盤面に生成したり、逆に相手のお邪魔よりあとにこちらが火ドロップを生成できれば、そのターンは優位に立てるぞ。

魔剣士隊

編成の詳細を見る
モンスター①:ベニテングタケの禄邪霊・シュリィ
モンスター②:ハエトリグサの虚邪霊・オルネア
モンスター③:溟華の魔女・ポンノ
モンスター④:盟約の戦獣神・エンキドゥ
モンスター⑤:転生ウラノス
・基本の勝ち筋
高い攻撃力で多色判定勝ち
・戦い方のコツ
攻撃力を競う戦い方であれば、編成する属性やタイプが自由なのが魔剣士隊の長所。
こちらは悪魔タイプとバランスタイプの複合型編成となる。

基本的には自分自身との戦い。相手の防御力減少と自身の攻撃力アップを忘れず、確実にパズルをこなしていく。
そのためにも相手の編成を確認し、妨害を受けないように立ち回る。相手がドロップ妨害系の編成であれば、ロック効果のある「ニューミナスガーデン」「ランベントオーロラ」を上手く使用しよう。
また「ラース・オブ・ゼウス」は相手のドロップ操作時間に影響を与えられるので、相手のスキルやお互いの盤面を見て、効果的な使用タイミングを考えられると良い。

ヘラ

編成の詳細を見る
モンスター①:城下の大魔女・マドゥ
モンスター②:ハエトリグサの虚邪霊・オルネア
モンスター③:豪胆の荒鬼・オウキ
モンスター④:聖邪の降魔術士・イレーヌ
モンスター⑤:生徒会長・ルシファー
・基本の勝ち筋
攻撃力とコンボ数のバランスで、多色判定勝ち
・戦い方のコツ
毎ターン、なるべく最大倍率の出る8コンボを狙ってパズルを組んでいこう。
高倍率の多色リーダーに攻撃力では劣る反面コンボ数を伸ばしやすいので、判定でのポイントにつなげやすい。

相手の状況を見て「ギガグラビトンボム」「スピリットペイメント」の妨害効果を与えていこう。
シンプルゆえに、コンボを増やすためのパズル力が試される。

「城下の大魔女・マドゥ」の攻撃力が高いため、闇ドロップをしっかり消して攻撃ダメージを出していきたい。
「この私についてこないか」のあとに「さあ!お楽しみの時間だよ!」を使えば、相手を妨害できるうえに自身の闇ドロップを一気に増やせるぞ。積極的に狙っていこう。

ゼウス

編成の詳細を見る
モンスター①:雷咬の明龍刀士・キオ
モンスター②:神去の毒蛇・ヨルムンガンド=ユル
モンスター③:スイセンの妙邪霊・ナルサス
モンスター④:転生アリエル
モンスター⑤:転生イザナギ
・基本の勝ち筋
相手のスキル効果を上書きし、回復力上昇と操作時間減少で耐久
・戦い方のコツ
「呪炎の毒牙」「ナルシズムガーデン」「光導の天唱」をまとめて使用し、相手の攻撃を耐久しよう。相手のスキルや盤面を確認し、耐久しやすそう=相手が攻撃しづらそう、攻撃ダメージが少なそうなタイミングを狙って仕掛けていく。
「我乱童子の龍鳴」のダメージ軽減効果も組み合わせれば更に固くなるが、他のターンで使えるスキルが少なくなるのでよく考えよう。

「呪炎の毒牙」は自分のドロップ操作時間も減らすので注意。

無垢なる宝石・カーバンクルズ

編成の詳細を見る
モンスター①:空裂の蒼龍刀士・キョウリ
モンスター②:アジサイの淡星霊・ナツル
モンスター③:蒼天夜龍・ニライカナイ
モンスター④:氷塊龍・デプスプレシオス
モンスター⑤:マグミル
・基本の勝ち筋
相手の盤面を水ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
耐久型も強力なカーバンクルズだが、今回は初心者でも扱いやすい相手へのドロップ生成型を紹介。
「カーバンクルの浮き輪」「スプラッシュブレス」「メイルシュトローム」を使い、相手の盤面を水ドロップで埋め尽くそう。
相手の盤面やスキルを見て、2回に分けて使用するのも作戦としてはアリ。水ドロップのロックスキルが多いので、相手の妨害生成に対しては強く立ち回ることができる。

バインド耐性を持っていないモンスターが多く、相手のバインドスキルにどうにもならないのが弱点。
覚醒スタイルをBにしてバインド耐性やバインド回復の覚醒スキルを持たせる、バインド回復のスキル所持モンスターを編成するなど、色々考えてみよう。

ラー

編成の詳細を見る
モンスター①:焔纏の紅龍刀士・アキネ
モンスター②:水浄の教智神・エア
モンスター③:暁天の蒼空神・ケプリ
モンスター④:隠れ神ゲーマー・アマテラスオオカミ
モンスター⑤:生徒会書記・ロキ
・基本の勝ち筋
高いゲージ突破力による、多色判定勝利。また、相手盤面への回復ドロップ生成で攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
高い攻撃倍率と防御力を減少できるリーダースキルにより、4ターンで確実にゲージを削って判定勝ちを狙う。
「スパイラルウォール」「オールドロップスマイル」「不屈の光明」の順で使用すれば、自身の盤面を綺麗にできるうえ、相手は盤面が回復ドロップだらけ&落ちコンも期待できなくなりとても強力だ。

スキルブーストの覚醒が少ないため、1ターン目に「大丈夫、ちゃんとやってるよ」を使用しスキルターンを溜めていこう。
溜まっていないスキルがあると、相手に行動を読まれやすくなってしまうぞ。

ハク

編成の詳細を見る
モンスター①:城下の大魔女・マドゥ
モンスター②:闇の精霊王・モワ
モンスター③:溟華の魔女・ポンノ
モンスター④:古城の守り猫・バステト
モンスター⑤:夜天聖龍・エリュシオン
・基本の勝ち筋
相手の盤面を闇ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
「パストダーク」「トリートキャット」「カースブレス」によって相手に闇ドロップを与え、1ターンのゲージ差をつけていこう。
相手リーダーが木属性もしくは光属性であれば、「西方神虎域」の効果が残っているタイミングで仕掛けると成功率が上がるだろう。

相手の盤面を毎ターンチェックし、相手盤面の中央横1列以外に闇ドロップが多い時に仕掛けるのがベスト。ただ相手もスキルを使用してくることを考えて、動きを読んでいこう。
この編成そのままだとバインドに弱いので、戦い方に応じて覚醒スタイルや編成モンスターの変更も考えられると良い。

闇ドロップが6個無くてもリーダースキルが発動することと、最大倍率がメタドラとの大きな違い。
5属性全てで攻撃もでき、コンボ数を伸ばせば判定で優位に立てるので意識していこう。

たまドラ

編成の詳細を見る
モンスター①:雷咬の明龍刀士・キオ
モンスター②:歓楽の玩龍喚士・コットン
モンスター③:ユニコーンライダー・リーネ
モンスター④:聖天樹龍・シャングリラ
モンスター⑤:夜ふかし龍騎姫・イシュタル
・基本の勝ち筋
相手の盤面を光ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
今シーズンから強化されたたまドラのスキルを活用。「光の道たまぁ~」「プラズマブレス」を同時に使用して、相手の盤面を光ドロップだらけにしてしまおう。
「たくさん貰えたね♪」を使用したターンに相手へのドロップ生成を行えば、ダメージ軽減の効果もあり、攻撃を止める確率は更に上がるはず。
また事前に「セイクリッドホーン」を使用していれば、相手盤面に降ってくる光ドロップを増やして相手を困らせることもできる。相手の使用した落ちやすくなるスキルも上書き出来て便利なので、使うタイミングを意識してみよう。

オーディン

編成の詳細を見る
モンスター①:超転生アルテミス
モンスター②:綺羅の秘女神・カーリー
モンスター③:邪心の龍僧・三蔵法師
モンスター④:極醒の冥陽神・アテン
モンスター⑤:覚醒エーギル
・基本の勝ち筋
高い攻撃倍率による判定勝ち
・戦い方のコツ
現在、数値の上で最大の攻撃倍率を誇るリーダー。判定に進んでも勝てるよう、3属性以上で相手の攻撃力を上回ることと、コンボ数をなるべく稼ぐことを意識しよう。

「ヴィークエンハンス」を使用した直後に「双玉龍の操心術」を使用すれば、自身の盤面に生成したお邪魔ドロップを闇ドロップに変換できる。セットで使うようにしよう。

りんトリオ

編成の詳細を見る
モンスター①:新入生の暗龍刀士・イナ
モンスター②:夜練のストライカー・キオ
モンスター③:争奪の海賊龍・黒髭ティーチ
モンスター④:秀麗の智将軍・周瑜
モンスター⑤:憤怒の大罪龍王・バルディターン
・基本の勝ち筋
様々な妨害効果によるゲージ差での勝ち
・戦い方のコツ
リーダースキルの発動条件が緩いりんトリオだからこそできる、特殊な編成。
毒、操作時間減少、暗闇‥‥全て対処するのは難しい様々な効果を相手に押し付けていく。
「雲外蒼天の布石」は2ターンに1回使用できるので、「晴天の桜吹雪」「フェイタルラース」と組み合わせて相手を追い詰めよう。

りんトリオは4個消し強化などの覚醒を用いないと多色で火力が出づらい。パズルをしっかり組んでコンボを重ねていこう。
覚醒スタイルAでも「秀麗の智将軍・周瑜」が4個消し強化の覚醒を持っているため、水と木ドロップは意識して4個で消せると好ましい。

ソニア

編成の詳細を見る
モンスター①:放課後のストライカー・キオ
モンスター②:義烈の武皇神・ヤマトタケル
モンスター③:色欲の大罪龍王・バリアス
モンスター④:歴戦の皇帝・ナポレオン
モンスター⑤:闊達の灼冥魔・スカーレット
・基本の勝ち筋
相手のスキル効果を上書きし、回復力上昇とダメージ軽減による耐久
・戦い方のコツ
「ウルズ↑↑フィーバー☆」で相手の操作時間減少、「草薙の双神剣」でダメージ軽減、「フレイミングラスト」で回復力上昇、「タクティカルフレイム」で相手が使ってきたスキルの効果を上書き。という4スキルの同時使用で耐えるのが基本の戦い方。
ただし組み合わせは強力だが、1ターンにまとめて使用する戦い方なので、スキルを使用できず火ドロップが足りないターンが生まれる恐れがある。「ウルズ↑↑フィーバー☆」の火ドロップが落ちやすくなる効果に期待して早めに仕掛けたり、ドロップが足りているターンは温存したり、「草薙の双神剣」だけ別のターンで使ったりと立ち回りを工夫してみよう。

この編成のままだと、スキルブーストが足りず1ターン目に「ローズフレア」を使用できない。
それを見た相手がダメージ軽減スキルを使ってくる可能性があるので、「キオ流スカーレットシュート」で攻撃力を上げたり、1ターン目から4スキルで仕掛けたりと、相手の編成も見ながら考えてみよう。

ホルス

編成の詳細を見る
モンスター①:城下の大魔女・マドゥ
モンスター②:部活のマネージャー・チィリン
モンスター③:神託の天啓者・セシリア
モンスター④:快遊の黒狐・アマコズミ
モンスター⑤:白光炎隼神・ホルス
・基本の勝ち筋
火、水、闇属性に攻撃を集中させての判定勝ち
・戦い方のコツ
火、水、闇属性の攻撃力に寄せた多色の編成。攻撃タイプの攻撃力アップを4ターン継続させ、毎ターン相手のゲージを削って判定勝ちを狙おう。
上級者との戦いだと、4属性攻撃強化やキラーなど覚醒スキルの数も重要になってくるので、多色同士で勝てない、攻撃を返されると感じたらスタイルBも検討してみよう。

バステト

編成の詳細を見る
モンスター①:山断の翠龍刀士・セリカ
モンスター②:岩拳の大魔女・ゼラ
モンスター③:瞬撃の英雄士・アキレウス
モンスター④:勇武の破邪神・ペルセウス
モンスター⑤:翠の華龍・カサブランカ
・基本の勝ち筋
相手の盤面を入れ替えて、回復ドロップを押し付けることで攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
まず「九斬公の龍鳴」「ラースウィンド」の組み合わせで、相手の盤面に回復ドロップが降りやすくした状態でドロップを入れ替える。
更に「ウィンドシードブレス」で相手の盤面に木と回復ドロップを生成することで、相手の攻撃ドロップを奪っていく編成。
ドロップをロックされていても対応でき、相手の落ちやすくなる効果も上書きできる優れたコンボだ。

その他のターンは、しっかり木ドロップを消しつつコンボを組み、最大攻撃力が出るように努めよう。
バステトはバインド回復の覚醒スキルを持っているので、バインド状態にされたら回復ドロップを横1列で消して回復させると良い。

超覚醒ゼウス・ヴァルカン

編成の詳細を見る
モンスター①:放課後のストライカー・キオ
モンスター②:緋天蒼龍・エルドラド
モンスター③:紅の華龍・バルバドス
モンスター④:↑↑先輩・ヘラ・ウルズ
モンスター⑤:マグティー
・基本の勝ち筋
相手の盤面を火ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
今シーズンのゼウス・ヴァルカンは編成が難しいため、低レアばかりで組める手ごろなお試し編成を紹介。
「マグマボール」「フレイムブレス」「フレイムシードブレス」の組み合わせで、相手の盤面を火ドロップでいっぱいにしよう。

火列消し強化の覚醒の数が少ないので、火ドロップ6個を列でつなげてもあまり攻撃力が上がらないことも。
攻撃力が足りないと思ったら、覚醒スタイルBを活用しよう。

超覚醒ゼウス・マーキュリー

編成の詳細を見る
モンスター①:談義の師龍喚士・ヴァレリア
モンスター②:アジサイの淡星霊・ナツル
モンスター③:瞬撃の英雄士・アキレウス
モンスター④:蒼天夜龍・ニライカナイ
モンスター⑤:氷塊龍・デプスプレシオス
・基本の勝ち筋
相手の盤面を入れ替えて、水ドロップを押し付けることで攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
バステトと同様に「ラースウィンド」を軸にしているが、こちらは水ドロップを相手に与える編成。
「チャットリフレッシュ」を使用してから「ラースウィンド」で相手盤面の水ドロップを増やし、「スプラッシュブレス」「メイルシュトローム」でとどめを刺す。

相手にバインドスキルを使われたら手も足も出なくなるので、環境の流行りなども見て、覚醒スタイルBでバインド耐性を設定することも検討しよう。
まずは様々なスキルの組み合わせに慣れるところから。

超覚醒ゼウス・ディオス

編成の詳細を見る
モンスター①:岩拳の大魔女・ゼラ
モンスター②:樹天緋龍・ホウライ
モンスター③:グリフォンライダー・ギリアム
モンスター④:ウィンドキーパー
モンスター⑤:翠の華龍・カサブランカ
・基本の勝ち筋
相手の盤面を木ドロップでいっぱいにし、攻撃能力を奪う
・戦い方のコツ
「ガイアボール」「ロックブレス」「ウィンドシードブレス」を使用し、相手の盤面を木ドロップでいっぱいにして1ターン耐えよう。
編成に水属性以外は含まれているので、副属性のドロップもしっかり消してコンボを重ねて、判定で属性を取れるようになれば勝率は上がっていくだろう。

相手からのドロップ生成に悩まされたら、「翠の華龍・カサブランカ」の代わりに「大花龍・ガイアブラキオス」を入れて試してみても良い。バインド耐性が無くなったり、回復ドロップの分お互いの生成数が減ったりはするものの、ドロップをロックする効果のおかげで勝てる試合も出てくるはず。
木列消し強化の覚醒スキルもたくさん持っており、列で消せば高い攻撃力を出せるぞ。使い分けてみよう。

様々な編成でバトルを楽しもう!

ここで紹介した編成を参考に、クラスバトルやランキングバトルに挑戦してみてくださいね!
様々なリーダーを試してみることで、それぞれの良いところや難しいところが理解でき、更なる上達に繋がりますよ!

バトルの基本をおさらいしたい方は、パズバト入門の戦術編をチェック!
パズバト入門

※画像は開発中のものです。
※掲載情報は、掲載時点のものです。

PAGE TOP
GO HOME